コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科実教 やましな さねのり

朝日日本歴史人物事典の解説

山科実教

没年:安貞1.4.3(1227.5.19)
生年久安6(1150)
鎌倉前期の公卿。中納言藤原家成の子で藤原公親の猶子となる。母は藤原経忠の娘。後白河法皇の命により丹後局(高階栄子)の子教成を養子とし,山科家の祖となった。公事に熟達し,笛や神楽にも優れていた。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山科実教の関連キーワード藤原実教山科教成没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android