コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原実教 ふじわらの さねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実教 ふじわらの-さねのり

1150-1227 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安6年生まれ。藤原家成の6男。母は藤原経忠の娘。参議藤原公親の養子蔵人頭(くろうどのとう)をへて文治(ぶんじ)4年(1188)参議。のち正二位,中納言にすすむ。後鳥羽(ごとば)天皇の笛の師。勅により高階栄子(たかしなの-えいし)の子教成(のりしげ)を養子とし,子孫は装束(しょうぞく),笙(しょう)などの故実をつたえる山科家となった。嘉禄(かろく)3年4月3日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原実教の関連キーワード山科教成藤原公長鎌倉時代山科実教園基隆

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android