藤原実教(読み)ふじわらの さねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実教 ふじわらの-さねのり

1150-1227 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安6年生まれ。藤原家成の6男。母は藤原経忠の娘。参議藤原公親の養子。蔵人頭(くろうどのとう)をへて文治(ぶんじ)4年(1188)参議。のち正二位,中納言にすすむ。後鳥羽(ごとば)天皇の師。により高階栄子(たかしなの-えいし)の子教成(のりしげ)を養子とし,子孫装束(しょうぞく),(しょう)などの故実をつたえる山科家となった。嘉禄(かろく)3年4月3日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android