コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原実教 ふじわらの さねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実教 ふじわらの-さねのり

1150-1227 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安6年生まれ。藤原家成の6男。母は藤原経忠の娘。参議藤原公親の養子。蔵人頭(くろうどのとう)をへて文治(ぶんじ)4年(1188)参議。のち正二位,中納言にすすむ。後鳥羽(ごとば)天皇の笛の師。勅により高階栄子(たかしなの-えいし)の子教成(のりしげ)を養子とし,子孫は装束(しょうぞく),笙(しょう)などの故実をつたえる山科家となった。嘉禄(かろく)3年4月3日死去。78歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原実教の関連キーワード成吉思汗成吉思汗安貞グレゴリウス9世西夏チンギス・ハン(成吉思汗)ケレスチヌス4世バトゥ日本年号一覧山科実教

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone