山粧う(読み)ヤマヨソオウ

デジタル大辞泉の解説

山(やま)粧(よそお)・う

《「臥遊録」の「明浄にして粧うが如し」から》秋の山が紅葉によって色付くようすをいう。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまよそおう【山粧う】

俳句で、紅葉で美しく彩られた山の形容。 [季] 秋。 搾乳の朝な夕なを- /波多野爽波

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android