岡田茂弘(読み)おかだしげひろ

世界大百科事典内の岡田茂弘の言及

【北白川遺跡群】より

…この調査で小林行雄らは,出土土器が層位からみて条痕文のある土器(北白川下層I式),爪形文土器(同II式),特殊突帯文土器(同III式),磨消(すりけし)縄文土器(北白川上層式)の4期に分かれると予測した。その後,山内清男,岡田茂弘らはこの予測を踏まえ,近畿地方縄文時代前期の編年を確立した。追分町遺跡は1923年に浜田耕作によって発見され,その後十数次にわたって発掘調査が行われている。…

※「岡田茂弘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android