岳亭春信(読み)がくてい はるのぶ

朝日日本歴史人物事典の解説

岳亭春信

生年:生没年不詳
江戸後期の浮世絵師。もと菅原,のちに八島を姓とする。幕臣妾腹の子と伝え,俗に丸屋斧吉と称した。画号は岳亭ほか多数が知られる。絵は堤秋栄,のち魚屋北渓に学び,文化期(1804~18)から幕末にかけて摺物や狂歌本の挿絵,錦絵などを描く。また戯作者として,合巻や読本なども執筆した。

(内藤正人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android