コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳亭丘山 がくてい きゅうざん

1件 の用語解説(岳亭丘山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岳亭丘山 がくてい-きゅうざん

?-? 江戸時代後期の浮世絵師,戯作(げさく)者。
画を堤秋栄,魚屋(ととや)北渓,葛飾(かつしか)北斎に,狂歌を窓村竹(まどの-むらたけ),六樹園(石川雅望(まさもち))にまなび,文化年間(1804-18)に活躍。合巻(ごうかん),読み本をおおく執筆した。姓は八島。本姓は菅原。名は春信,のち定岡。別号に五岳,一老など。作品に「浪華(なにわ)名所天保山勝景一覧」,著作に「俊傑神稲水滸(すいこ)伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岳亭丘山の関連キーワード文康葛飾北目桜川文橋清谷等舟鳥羽広丸斗雷ならや伊八文浪正歳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone