コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳亭丘山 がくてい きゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岳亭丘山 がくてい-きゅうざん

?-? 江戸時代後期の浮世絵師,戯作(げさく)者。
画を堤秋栄,魚屋(ととや)北渓,葛飾(かつしか)北斎に,狂歌を窓村竹(まどの-むらたけ),六樹園(石川雅望(まさもち))にまなび,文化年間(1804-18)に活躍。合巻(ごうかん),読み本をおおく執筆した。姓は八島。本姓は菅原。名は春信,のち定岡。別号に五岳,一老など。作品に「浪華(なにわ)名所天保山勝景一覧」,著作に「俊傑神稲水滸(すいこ)伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岳亭丘山の関連キーワード知足館松旭岳亭春信戯作

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android