コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峨眉峨蕊茶 おーめいおーるいちゃ

世界大百科事典内の峨眉峨蕊茶の言及

【緑茶】より

…また,それぞれに摘採時期や摘み採りされた芽葉の形状などによる呼称があり,竜井茶系統では4月5日ころの清明節以前に摘んだ明前(ミンチエン)茶,新芽の形から名のついた二枚葉の旗槍(チーチアン)茶,一枚葉の雀舌(チユエシヨー)茶などがあり,いずれも一心二葉までの若芽を原料とした上級品である。江蘇省太湖の洞庭山の畑で摘まれる碧螺春(ピールオチユン),四川省峨嵋(眉)山の峨眉峨蕊(オーメイオールイ)茶,同じく四川省蒙山山頂の蒙頂(モンテイン)茶,江西省廬山の廬山雲霧(ルーシヤンユンウー)茶などは,ほとんどが一心一葉の若芽を原料とする高級茶として知られる。このほか,有名な中国緑茶にはジャスミン茶その他の花(ホワ)茶がある。…

※「峨眉峨蕊茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android