コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工藤祐隆 くどうすけたか

世界大百科事典内の工藤祐隆の言及

【工藤氏】より

…為憲が遠江権守であったのをはじめ,その子孫は遠江,駿河,伊豆等の国衙の在庁官人となって各地に勢力を扶植した。伊豆国久須美荘の開発領主といわれる工藤祐隆も,伊豆にあって工藤介を称した一族の出身であるが,彼は後継者にめぐまれなかったため,その所領を後妻の娘との間に生まれた子で養子の祐継と早世した嫡子祐家の子祐親とに分与した。ところが祐継が早世し遺領が祐親に押領されると,祐継の子祐経は実力でこれを取り戻そうと企て,有名な曾我兄弟の父(祐親の子)祐通を暗殺するに至る。…

※「工藤祐隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone