コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左団次 さだんじ

百科事典マイペディアの解説

左団次【さだんじ】

市川左団次

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の左団次の言及

【市川左団次】より

…床山中村清吉の次男,幼名辰蔵。子供芝居で初舞台,13歳で4世市川小団次の門に入り小米(こよね),升若を経て,1864年(元治1)小団次の養子となって左団次を名のり江戸の各座に出勤。66年(慶応2)養父没後一時廃業していたが,作者河竹黙阿弥の後援で復帰,70年(明治3)黙阿弥の書きおろし《慶安太平記》の丸橋忠弥の好演で人気役者の仲間入りをし,93年明治座を新築,座元・座頭として活躍,9世市川団十郎,5世尾上菊五郎ら名優と〈団菊左〉と並び称された。…

※「左団次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

左団次の関連キーワード市川 荒次郎(2代目)市川 左団次(2代目)市川 荒次郎(初代)河原崎長十郎(2世)市川 莚升(3代目)市川 松蔦(2代目)市川 左升(2代目)市川左団次(4世)市川左団次(初代)市川左団次(4代)市川莚升(3代)市川松蔦(2代)河原崎長十郎市川 松三郎鳥辺山心中浅利 鶴雄元禄忠臣蔵修禅寺物語木村 錦花新劇運動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左団次の関連情報