コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨椋の池 オグラノイケ

1件 の用語解説(巨椋の池の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぐら‐の‐いけ【巨椋の池】

京都市伏見区・宇治市・久世郡久御山(くみやま)町にまたがってあった池。昭和8~16年(1933~41)干拓により水田化。巨椋(おおくら)の入り江。おぐらいけ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨椋の池の関連キーワード稲荷山深草桃山稲荷神社小栗栖