巴県(読み)はけん

世界大百科事典内の巴県の言及

【重慶】より

…周代巴国がここに都を建設,戦国末秦がこれを破り,三十六郡の一つ巴郡をおいた。郡治の江州県がおかれ,北周から巴県とよばれた。隋には渝水(ゆすい)すなわち嘉陵江の河畔にあることから渝州がおかれ,街は渝城ともいわれた。…

※「巴県」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる