コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川三升 いちかわさんしょう

世界大百科事典内の市川三升の言及

【吉田草紙庵】より

…草紙庵の名は裏千家藤谷宗仁から与えられた雅号である。小唄の作曲は,当時の粋人の趣味であったが,友人の歌舞伎俳優市川三升(10世市川団十郎,小唄の作詩もした)の勧めでその仲間に入り,300曲近い小唄を作曲した。長唄と清元の下地があるため,作風は器楽部分に下座(げざ)音楽をとり入れ,唄は豊後節系の節回しが特徴であり,しかも,歌舞伎舞踊の舞台への出(で)を想定した〈前弾き〉(普通の小唄にはない)と,舞台からの入(いり)を想定した〈送り〉の付いている作品が多い。…

※「市川三升」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

市川三升の関連キーワード市川 団十郎(11代目)市川 団十郎(10代目)市川団十郎(11代)市川団十郎(10代)市川翠扇(2代)歌舞伎十八番吉田草紙庵市川団十郎五柳亭徳升市川翠扇外郎売父の恩押戻

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android