コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団十郎 いちかわだんじゅうろう

5件 の用語解説(市川団十郎の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いちかわだんじゅうろう【市川団十郎】

市川宗家の歌舞伎俳優。屋号成田屋。
(初世)(1660~1704) 元禄期に活躍。江戸の荒事あらごとをひらき、三升屋兵庫の名で多くの歌舞伎脚本を書いた。
(二世)(1688~1758) 初世の長男。荒事に和事味を加え、市川家の芸の基礎を確立した。俳名栢莚はくえん
(五世)(1741~1806) 四世の子。寛政期(1789~1801)の立役たちやくの第一人者で、女方も兼ねた。俳名白猿。
(七世)(1791~1859) 五世の孫。文化文政期(1804~1830)から幕末にかけて活躍。「勧進帳」など歌舞伎十八番を制定した。
(九世)(1838~1903) 七世の子。明治時代、劇界の代表的な名優。活歴かつれきという新史劇を創始した。五世尾上菊五郎・初世市川左団次とともに「団・菊・左」と称せられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちかわ‐だんじゅうろう〔いちかはダンジフラウ〕【市川団十郎】

歌舞伎俳優。屋号、成田屋。江戸歌舞伎を代表する名門で、荒事(あらごと)の宗家。
(初世)[1660~1704]一説では14歳で荒事を創始したといわれ、三升屋兵庫の名で脚本も書いた。俳優生島半六に舞台で刺殺された。
(2世)[1688~1758]江戸の人。初世の長男。隈取(くまど)りの工夫など荒事を洗練させ、市川家の芸として確立した。
(7世)[1791~1859]江戸の人。5世の孫。歌舞伎にを取り入れるなど革新に努めた。歌舞伎十八番を選定。
(9世)[1838~1903]江戸の人。8世の弟、7世の五男。本名、堀越秀(ほりこしひでし)。活歴と称する新作の歴史劇を演じた。明治の劇聖とよばれる。
(11世)[1909~1965]東京の生まれ。7世松本幸四郎の長男で、10世の養子。本名、堀越治雄(ほりこしはるお)。天性の美貌と華のある芸風で人気を博した。
(12世)[1946~2013]東京の生まれ。11世の長男。本名、堀越夏雄(ほりこしなつお)。歌舞伎十八番の継承・復活に尽力。パリのオペラ座など、海外での公演にも積極的に取り組んだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

市川団十郎

1660〜1704(万治3年〜宝永元年)【歌舞伎俳優】「大江戸飾り海老」として、市川系宗家の大都市江戸のシンボルスターに。 「よっ、成田屋ァ。」歌舞伎俳優。下総国出身。初代は、14歳のとき中村座で坂田金時を演じ、市川家の家芸である荒事を創始した。また、京に上り上方の芸を摂取し、芸域を広げる。成田不動の信仰に篤く、上演した「成田分身不動」は江戸からの成田詣を盛んにした。興行中、同座の生島半六により舞台で刺殺。市川団十郎は以後、宗家として現代まで12代を数える。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわだんじゅうろう【市川団十郎】

歌舞伎俳優。12世まである(図,図(つづき)(つづき))。姓は堀越。屋号は代々成田屋。定紋は三升(みます)。早世した3世,6世を除いて代々名優で,江戸歌舞伎界屈指の名跡である。(1)初世(1660‐1704∥万治3‐宝永1)祖先は甲州の武士で,永正年中に北条氏康の家臣となり,のち下総国埴生(はにゆう)郡幡谷(はたがや)村に移住して郷士となり,堀越姓を称したと伝える。出身については,奥州の市川村ともいい,また葛飾郡市川村とする説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川団十郎
いちかわだんじゅうろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号成田屋。

初世

(1660―1704)武門の出身で姓は堀越。江戸生まれで、父は「菰(こも)の重蔵」とよばれた人。通説によれば14歳のとき初舞台。市川家の「家の芸」として今日まで伝承されている荒事(あらごと)芸の創始者とされ、元禄(げんろく)期(1688~1704)の江戸の歌舞伎界を代表する名優であった。劇作も兼ね、市川団十郎または三升屋兵庫(みますやひょうご)の署名のある狂言本十数編を残す。怨恨(えんこん)のため、俳優生島(いくしま)半六に舞台で刺殺された。[服部幸雄]

2世

(1688―1758)初世の長男。父の死後16歳で2世を襲名。容貌(ようぼう)、体格とも父に似て、たいへんな芸熱心であったので、江戸劇壇における市川家の確固たる地位を築いた。俳諧(はいかい)や狂歌をたしなみ、文人との交際も広かった。『助六』に和事(わごと)味を加え、今日みるスタイルの原型を創造した。1735年(享保20)海老蔵(えびぞう)と改め、以後長く舞台を勤めた。[服部幸雄]

3世

(1721―1742)2世の養子。1735年(享保20)3世を襲名したが、数年にして没した。[服部幸雄]

4世

(1711―1778)初世松本幸四郎の養子。父は芝居茶屋和泉屋(いずみや)勘十郎と伝えるが、実は2世団十郎ともいう。1754年(宝暦4)2世幸四郎から4世を襲名。初め実悪(じつあく)の俳優であったが、晩年は実事(じつごと)をも得意とした。1775年(安永4)に引退後、5世団十郎や初世中村仲蔵らを木場の自宅に招き、修行講と称する演技研究会を開き、「木場の親玉」の名で慕われた。[服部幸雄]

5世

(1741―1806)4世の子。1770年(明和7)3世松本幸四郎から5世を襲名。これまでの団十郎が勤めなかった役柄を広く演じた実力者で、岩藤や累(かさね)などの女方(おんながた)も演じた。1796年(寛政8)舞台を退いて向島の反古庵(ほごあん)に隠居し、成田屋七左衛門と名のって閑雅な生活を送った。狂歌名は花道のつらね。立川焉馬(たてかわえんば)や蜀山人(しょくさんじん)ら当時一流の文化人と交際が広かった。[服部幸雄]

6世

(1778―1799)5世の養子。1791年(寛政3)に6世を襲名したが、早世。[服部幸雄]

7世

(1791―1859)5世の孫。1800年(寛政12)10歳で7世を襲名。文化・文政期(1804~1830)から安政(あんせい)(1854~1860)に至るまで活躍した名優で、荒事、実事、実悪、和事、色悪(いろあく)などの広い役柄をこなし、4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作の生世話(きぜわ)にも所作事(しょさごと)にも優れていた。1842年(天保13)6月、改革令に触れて江戸十里四方追放に処せられ、上方(かみがた)の芝居に出ていたが、1849年(嘉永2)赦免となって江戸に帰った。1832年(天保3)に長男に8世を継がせ、自身は5世海老蔵を名のった。『勧進帳』を初演し、また、「歌舞伎十八番」を制定、公表した。[服部幸雄]

8世

(1823―1854)7世の長男。1832年(天保3)に6世海老蔵から8世を襲名。若くして技芸優れ、美貌(びぼう)であったため江戸人の熱狂的支持を受けたが、32歳の若さで大坂で自殺。『切られ与三(よさ)』が当り芸であった。[服部幸雄]

9世

(1838―1903)7世の五男。生まれてすぐに6世河原崎権之助(かわらさきごんのすけ)の養子になったが、のち実家に帰り、1874年(明治7)河原崎三升(さんしょう)から9世を襲名した。明治期劇界の第一人者。のちに「劇聖」と崇(あが)められた名優で、とくに演劇改良運動の中心人物となって活躍、「活歴(かつれき)」とよぶ史劇を始めたことが特筆に価する。また登場人物の性格や心理を研究して、内向的に表現する「肚芸(はらげい)」とよぶ演技術を開拓するなど、近代歌舞伎に与えた影響は非常に大きい。明治36年9月13日没。長女翠扇(すいせん)(2世)の婿が10世団十郎、次女旭梅(きょくばい)の婿が5世市川新之助で、新派女優3世市川翠扇(前名紅梅、1913―1974)はその子、すなわち9世の孫。[服部幸雄]

10世

(1882―1956)9世の女婿。堀越福三郎から5世市川三升(さんしょう)となり、没後に10世を追贈。[服部幸雄]

11世

(1909―1965)本名堀越治雄。7世松本幸四郎の長男。10世の養子となり、9世海老蔵から1962年(昭和37)に11世を襲名した。海老蔵時代には「海老さま」の愛称でよばれ、天性の美貌と花のある芸風が広く人気を集めた。待望久しくして11世団十郎を襲名し、人気はいよいよ高まったが、襲名後わずか3年、昭和40年11月10日に没した。[服部幸雄]

12世

(1946―2013)本名堀越夏雄。11世の長男。1953年(昭和28)市川夏雄を名のり初舞台。6世新之助(1958)、10世海老蔵(1969)を経て、1985年4月、12世を襲名した。美貌と明るい芸風で、平成歌舞伎を代表する立役(たちやく)として活躍している。長男が11世市川海老蔵(1977― )である。[服部幸雄]
『伊原青々園著『団十郎の代々』(1917・市川宗家) ▽金沢康隆著『市川団十郎』(1962・青蛙房) ▽服部幸雄著『市川団十郎』(1978・平凡社) ▽西山松之助著『市川団十郎』新装版(1987・吉川弘文館) ▽利根川裕著『十一世市川団十郎』(朝日文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の市川団十郎の言及

【市川海老蔵】より

…歌舞伎俳優。市川団十郎の前名または後名として用いられる名跡。初世団十郎が生誕のおり,俠客唐犬十右衛門によって命名されたと伝えられ,市川家にとって由緒ある名である。…

【新勝寺】より

…〈江戸にて開帳あるに何時にても参詣群聚するは善光寺の弥陀と清涼寺の釈迦仏また成田の不動などなり〉と《嬉遊笑覧》にあるように,これより江戸出開帳の三本指に数えられるほど人気を集めた。また歌舞伎役者市川団十郎は代々屋号を〈成田屋〉といい,初世以来当不動尊への信仰が厚く,不動尊霊験記の上演もあったから,その霊験は広く庶民の間に喧伝され,講の発達にともない各地よりの成田詣も年々盛んになっていった。とくに天保(1830‐44)以降,講社数は飛躍的に増加し,関東,東海,甲信地方へ広がっている。…

※「市川団十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市川団十郎の関連キーワード十代目市川団十郎遊女歌舞伎江戸歌舞伎歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎芝居歌舞伎役者成田屋歌舞伎踊段助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市川団十郎の関連情報