布勢御主人(読み)ふせの みうし

世界大百科事典内の布勢御主人の言及

【阿倍御主人】より

…持統・文武朝の公卿。布勢麻呂古の子で,初め布勢御主人と称したが,694年(持統8)阿倍氏氏上となり,以後阿倍氏を称した。687年(持統1)納言として天武天皇の殯宮(もがりのみや)に誄(るい)を奉り,また690年持統天皇即位の際には多治比嶋(たじひのしま)とともに祝辞を奏上した。…

※「布勢御主人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android