コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰国事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

帰国事業

日朝両政府の了解のもと、1959年から84年にかけて、在日朝鮮人ら9万3千人余が北朝鮮に帰国した。うち配偶者など約6700人は日本人だった。朝鮮総連は当時、北朝鮮を、教育も医療も無料の「地上の楽園」とうたい、政治家やメディアも帰国を後押しした。北朝鮮側には社会主義体制の優位性を宣伝する目的があり、日本政府側にも社会の不安定要素を減らす思惑があったとされる。実際には、貧困や飢餓に苦しんだり、政治的に迫害を受けたりする例も少なくなかった。

(2011-12-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

帰国事業の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きているヌジョマ安保闘争VIVO薄桜記人間の壁フランキー堺

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帰国事業の関連情報