コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰荘玄恭 きそうげんきょ

世界大百科事典内の帰荘玄恭の言及

【帰荘】より

…中国,明末・清初の詩人。字は玄恭。曾祖父は文章家の帰有光。1645年清朝政府軍の江南支配が始まると,帰荘も親友顧炎武らとともに郷里江蘇省崑山で抵抗の闘いに立ちあがった。陥落後の悲惨な情況はその詩編にも直写されている。また歌詞の形をとった《万古愁曲》では,投降し迎合した文官に対する恨みと一民間人として生きる決意を述べるが,事実その後半生はいわゆる明の遺民として徹した。【松村 昂】…

※「帰荘玄恭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android