常世虫(読み)とこよのむし

世界大百科事典内の常世虫の言及

【タチバナ(橘)】より

…このため,万葉の時代には菖蒲草(あやめぐさ)とともに花橘が玉蘰(たまかずら)に作られ,招魂長寿の呪物(じゆぶつ)とされ,平安時代にも辟邪具(へきじやぐ)である卯槌(うづち)や薬玉(くすだま)に長寿を呪福するものとして山橘が飾られたりしたのである。《日本書紀》皇極3年の条には,東国で常世の神と称して虫が祀られたときに,常世虫は〈常に橘の木に生(な)る〉と記されている。【飯島 吉晴】
[橘紋]
 はじめ橘氏一族の家紋として用いられたが,橘氏がしだいに衰えて公家(くげ)から姿を消すにおよんで,武家の間で,井伊,黒田などがこの紋を用いた。…

※「常世虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android