コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常慶 じょうけい

2件 の用語解説(常慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常慶 じょうけい

楽常慶(らく-じょうけい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常慶

没年:寛永12.5.29(1635.7.13)
生年:永禄4(1561)
江戸初期の楽焼の陶工。楽家の2代とされる。『宗入文書』によれば,田中宗慶の次男で,兄は庄左衛門宗味。幼名与次,のちに吉左衛門と称した。宗慶と宗味,常慶は初代楽長次郎の工房で楽茶碗の制作に従事していたが,なぜ常慶が長次郎の跡を継ぎ楽家2代と数えられることとなったかは不明。『旦入之尋問之返書』によれば「鬼瓦之端著は聚楽之御殿に仰付られ候なり。二代目常慶作。其節天下一之号下され置候」とあり,天正2(1574)年銘の長次郎の獅子棟瓦が知られているように,常慶も瓦焼を行っており,また長次郎と同じく「天下一」の称を得ている。常慶の作風は,茶碗では長次郎以来の作風を受け継ぎながら,時代の流行の沓形の茶碗や,土見せの高台など積極的に新しいものを取り入れ,また獅子形や阿古陀形の香炉などでは,常慶に始まる「香炉釉」と呼ばれる白楽釉を用いる。作品には宗慶とは異なる楽印「常慶印」を捺している。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常慶の関連キーワード楽旦入道入のんこう永楽焼宗閑太兵衛長兵衛(1)藤五弁蔵三輪休雪(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常慶の関連情報