コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常珍し トコメズラシ

デジタル大辞泉の解説

とこ‐めずら・し〔‐めづらし〕【常珍し】

[形シク]いつも目新しく新鮮である。
「難波人(なにはひと)葦火(あしひ)焚(た)く屋のすしてあれど己(おの)が妻こそ―・しき」〈・二六五一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とこめずらし【常珍し】

( 形シク )
いつも新鮮で古びていない。 「己おのが妻こそ-・しき/万葉集 2651

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常珍しの関連キーワード万葉集葦火シク

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android