コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐市 ジョウバンシ

1件 の用語解説(常磐市の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうばん‐し〔ジヤウバン‐〕【常磐市】

常磐

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常磐市の言及

【いわき[市]】より

…小名浜は東廻海運で栄え,その後港湾の整備とともに臨海工業地帯となり,また沖合・遠洋漁業の根拠地でもある。旧常磐市の中心湯本(常磐湯本温泉)は古くからの温泉地で観光保養の中心地となっており,内郷の白水には国宝の願成寺(がんじようじ)阿弥陀堂があり,勿来は勿来関で知られる。【大澤 貞一郎】。…

※「常磐市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常磐市の関連キーワード常磐津兼太夫(初代)常磐津兼太夫(6代)常磐津小文字太夫(2代)常磐津小文字太夫(3代)常磐津小文字太夫(4代)常磐津小文字太夫(7代)常磐津松寿斎常磐津豊後大掾常磐津松尾太夫(2代)常磐津文字翁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone