干渉法(読み)かんしょうほう

世界大百科事典内の干渉法の言及

【屈折計】より

…全反射法を用いる屈折計には,このほかにアッベの屈折計,プルフリヒの屈折計,結晶屈折計などがあり,固体試料の屈折率測定の場合は,試料の研磨した面を屈折率既知のプリズム面に薄い液層を介して密着させ,全反射の臨界角を測定する。 干渉法は光路長nd(nは屈折率,dは測定媒質の厚さで既知),または光路差⊿nd(⊿nは屈折率差)の測定から屈折率を求めるものである。図3は干渉法の例であるジャマンの干渉屈折計を示したもので,裏面に銀めっきした同じ厚さの平行平面ガラス板をほぼ平行に置き,表面,裏面で反射する光を用い光線束を二つに分け,一方を基準セル,他方を試料セルに通した後,二つの光線束をいっしょにして干渉させ,干渉縞を望遠鏡で観測する。…

※「干渉法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android