コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平面偏光 ヘイメンヘンコウ

2件 の用語解説(平面偏光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいめん‐へんこう〔‐ヘンクワウ〕【平面偏光】

直線偏光

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平面偏光の言及

【偏光】より


[偏光の種類]
 偏光は互いに直角方向に振動する二つの直線偏光成分に分解でき,それらの振幅および位相差によって,直線偏光,円偏光,楕円偏光に分けられる。前述したように光の進行方向に対して振動面(または振動ベクトル)が一平面内に限られている光を直線偏光linearly polarized light,または平面偏光plane polarized lightといい,直線偏光は,進行方向に垂直な面内で互いに直角方向に振動する,位相差がmπ(m=0,±1,±2,……)の二つの直線偏光に分解できる(図)。偏光板または偏光子によって得られる偏光はほとんど直線偏光である。…

※「平面偏光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone