コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻住庵 ゲンジュウアン

デジタル大辞泉の解説

げんじゅう‐あん〔ゲンヂユウ‐〕【幻住庵】

滋賀県大津市にあった草庵芭蕉門下の俳人菅沼曲水の伯父幻住老人が建てた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の幻住庵の言及

【幻住庵記】より

芭蕉作。門人曲翠が提供した石山の奥の幻住庵に滞在したおりの俳文。1690年(元禄3)の夏から秋にかけて,芭蕉はこの庵で生活したが,その間京都,大津へ出ることも多く,また門人たちの来訪も多かった。…

※「幻住庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

幻住庵の関連キーワード滋賀県大津市国分滋賀県大津市渡辺雲裡坊聖福寺境内一筋・一条大津(市)菅沼曲翠明本中峯中峰明本本朝文選松尾芭蕉加藤暁台遠渓祖雄無隠元晦遠谿祖雄河合智月宿貸し鳥向井元端木村騏道思ひ染む

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android