幼子イエスに注ぐ20の眼差し

デジタル大辞泉プラスの解説

幼子イエスに注ぐ20の眼差し

フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンのピアノ組曲(1944)。原題《Vingt Regards sur l'Enfant-Jésus》。『みどり児イエスに注ぐ20の眼差し』とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android