コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾何学的公差 きかがくてきこうさ

世界大百科事典内の幾何学的公差の言及

【機械製図】より

…このような形状および位置の精度とは,機械部品の各部の形状や位置が,設計の際に意図された幾何学的に理想的な形状,方向または位置から,どの程度までの狂いなら許容することができるかということを示すもので,JISでは形状および位置の精度の種類ならびにその図記号について定めている。この規格は,品物の形状を構成する点,線,軸線,面などの形体が,幾何学的に正確な形から狂ってもよい領域を定め,これを記号を用いて図示する方法を示したもので,この領域を幾何学的公差域,その値を幾何学的公差という。例えば真直度とは,機能上直線であるように指定された部分が,幾何学的に正確な直線から狂っている大きさを示す,と定義づけられており,平面度,真円度などについても,これに準じて定義づけられ,その記入法がそれぞれ定められている。…

※「幾何学的公差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone