コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広如 こうにょ

2件 の用語解説(広如の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広如

没年:明治4.8.19(1871)
生年:寛政10.6.1(1798.7.14)
江戸末期の浄土真宗の僧。父は西本願寺第18世文如の3男暉宣。諱は光沢。文政9(1826)年,西本願寺第20世に就任。同13年より天保6(1835)年の間,大坂商人石田敬起(大根屋小右衛門)を起用して西本願寺の財政改革を行い,財政難を切り抜けた。早く北海道の開教に着手し,万延1(1860)年には箱館に西本願寺の掛所(直轄寺院)を設置した。幕末・維新の激動期には教団維持に尽力し,朝廷への献金,亀山天皇陵の修復,京都・鴨川荒神口の架橋などを行い,勤王方を支援した。宗派内では執政総督を置くなどの改革を行った。院号信法院。<参考文献>『本願寺史』2巻

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広如の関連キーワード法如上人蓮如上人良如上人湛如上人宝如上人西本願寺本願寺派お西義教原口針水

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広如の関連情報