度会園女

美術人名辞典の解説

度会園女

江戸中期の俳人。伊勢生。神職秦(度会)師貞の娘。眼科医で俳人の斯波一有の妻。名は園、のち剃髪して智鏡尼と号す。芭蕉に入門し、医業の傍ら俳諧、雑俳点者として活躍。晩年は和歌にも親しみ、伊勢神宮に和歌を奉納した。主な著に『菊の塵』『鶴の杖』等。享保11年(1726)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android