コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

度会園女

美術人名辞典の解説

度会園女

江戸中期の俳人。伊勢生。神職秦(度会)師貞の娘。眼科医で俳人の斯波一有の妻。名は園、のち剃髪して智鏡尼と号す。芭蕉に入門し、医業の傍ら俳諧、雑俳点者として活躍。晩年は和歌にも親しみ、伊勢神宮に和歌を奉納した。主な著に『菊の塵』『鶴の杖』等。享保11年(1726)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

度会園女の関連キーワード女医

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android