コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延髄後索 えんずいこうさく

世界大百科事典内の延髄後索の言及

【延髄】より


[外部構造]
 延髄の表面には,脊髄から続いてきた3本の縦に走る溝により上面から下面にかけて左右対称的に三つの高まりができている。それらは延髄後索,延髄側索,延髄前索と呼ばれる。これらには,延髄内部にある構造により生じたいくつかの高まりがみられる。…

※「延髄後索」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android