コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦打ち ツルウチ

デジタル大辞泉の解説

つる‐うち【弦打ち】

物の怪(け)などを退散させるまじないとして、矢をつがえずに弓の弦を引き鳴らすこと。また、それをする人。弓弦(ゆづる・ゆみづる)打ち。鳴弦(めいげん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つるうち【弦打ち】

妖怪変化や魔性の物を退散させるまじないに、弓の弦をはじき鳴らすこと。また、それをする人。鳴弦。 「随身も-して絶えずこわづくれと仰せよ/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弦打ちの関連キーワード御湯殿の儀式物の怪弦音随身

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android