コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦打ち ツルウチ

デジタル大辞泉の解説

つる‐うち【弦打ち】

物の怪(け)などを退散させるまじないとして、矢をつがえずに弓の弦を引き鳴らすこと。また、それをする人。弓弦(ゆづる・ゆみづる)打ち。鳴弦(めいげん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つるうち【弦打ち】

妖怪変化や魔性の物を退散させるまじないに、弓の弦をはじき鳴らすこと。また、それをする人。鳴弦。 「随身も-して絶えずこわづくれと仰せよ/源氏 夕顔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弦打ちの関連キーワード御湯殿の儀式物の怪弦音随身

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android