コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻国行 たいま くにゆき

朝日日本歴史人物事典の解説

当麻国行

生年:生没年不詳
鎌倉後期の大和(奈良県)の刀工。北葛城郡当麻に住し,当麻寺と関係があったとみられている。大和鍛冶は千手院,手掻,尻懸,当麻,保昌が大和五派と呼ばれて大きな鍛冶集団を形成していたが,国行は当麻派の祖で,江戸時代の刀剣書では正応(1288~93)ごろ,あるいは正和(1312~17)ごろとしている。弟子の国清延文5(1360)年の年紀作があることが『埋忠銘鑑』に掲げられていて,ほぼ年代は肯定できる。在銘の作品は少なく,代表作に福山藩阿部家伝来の太刀(国宝),大阪藤田美術館蔵の小太刀(重文)があげられる。鍛えは小板目に柾目が交じり,刃文直刃がほつれて小互の目が交じり沸がよくつき,大和物共通の作風をみせるが,他の大和物と比べ,鍛えは精美で,刃も冴えて明るい。一門に国清,友清,光夫などがいる。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android