コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国行 クニユキ

大辞林 第三版の解説

くにゆき【国行】

鎌倉中期、山城の刀工。本名、来太郎。山城来派の事実上の祖。京物としては太刀の身幅が広く、樋のあるものが多い。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国行の言及

【山城物】より

…さらに建長(1249‐56)ころの国綱は北条時頼の招きにより鎌倉で作刀し,相州鍛冶(相州物)の基を築いたと伝え,末期の吉光は短刀の名手として名高い。一方,同じころ四条大路には定利,定吉ら綾小路派がおり,中期から南北朝時代にかけては国行を祖とする来(らい)派が栄えた。来派は一説に先祖が高麗からの帰化人といい,銘に来国俊,来国光,来国次,来倫国,来国長など〈来〉の字を冠するものが多い。…

※「国行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国行の関連キーワードジェームズ ナッスル水海の田楽・能舞リビングストン日本行脚文集八重崎屋源六瀬戸口藤吉新薄雪物語田母神俊雄長意吉麻呂国俊(1)熊野の清水大伴東人大伴友国深谷温泉行徳塩田AFGE当麻国行OMB来国俊三千里

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国行の関連情報