コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻長十郎 とうま ちょうじゅうろう

朝日日本歴史人物事典の解説

当麻長十郎

生年:生没年不詳
明治期の梨品種改良家。神奈川県橘樹郡大師川原村(川崎市)の人。明治10(1877)年ごろ,在来種の梨を改良して長十郎種を育成,27年ごろ出荷して好評を得た。長十郎梨は一時全国梨栽培面積の60%にもおよび,大正昭和期には二十世紀梨と並んで全国の代表的品種となった。<参考文献>松原茂樹「明治年間果樹園芸の発達過程」(『明治農書全集』7巻)

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

当麻長十郎の関連キーワード当麻辰次郎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android