コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒士衆 かちしゅう

大辞林 第三版の解説

かちしゅう【徒士衆】

かちざむらい(徒侍) 」に同じ。
江戸時代、徒士組かちぐみに属した者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の徒士衆の言及

【走衆】より

…将軍出行の際,徒歩で随行して,警固および諸雑用にあたる下級の職。徒士衆(かちしゆう),歩走(かちはしり)ともいい,江戸幕府における徒士組の起りといわれる。鎌倉将軍の上洛や出行などの供衆の行列の中に,しばしば〈歩走〉〈歩行衆〉とみえ,すでに鎌倉期の将軍出行に,徒歩で従う警固の士の存在がうかがわれるが,室町期になると幕府職制として成立し,職掌も定まった。…

※「徒士衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徒士衆の関連キーワード岩崎灌園江戸時代徒士組御徒衆徒侍走衆

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android