コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御坪召次 おつぼめしつぎ

世界大百科事典内の御坪召次の言及

【召次】より

…統率にあたる者を召次の長といい,年労の者を長に任じた。院の庭に伺候したので御坪(壺)召次ともいう。召次の収入源としては丹波国桑田郡の召次保のほかに,最勝光院敷地の半分が召次衣服料に充てられていた。…

※「御坪召次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報