御式内(読み)おしきうち

世界大百科事典内の御式内の言及

【合気道】より


[歴史]
 口伝および伝書によれば,大東流は源家の新羅三郎義光を始祖とし,甲斐の武田家に伝わった小具足であった。1574年(天正2)に一族の武田国継によって会津の武田家に伝えられると,これに同地の武術をとり入れて殿中護身武芸(御式内(おしきうち))が定められ,歴代藩主が継承して家老,重臣,小姓など奥勤めの者に習得させたといわれる。武田惣角は若くして角力,棒術,小野派一刀流,宝蔵院流槍術,手裏剣術を学び極める一方,元会津藩家老保科近悳(西郷頼母)から御式内を伝授され,1898年以降これを大東流柔術と称して,その普及のため全国を巡回指導した。…

※「御式内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android