コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御深井 おふけ

世界大百科事典内の御深井の言及

【美濃焼】より

… 江戸時代の美濃は天領および10藩40旗本に細分統治されたが,幕藩体制が強化される中で,小里氏,妻木氏の断絶,久々利(くぐり)九人衆の尾張移住などによって窯業の保護者を失い,尾張藩の統制下に置かれた。江戸時代の美濃焼の主製品は青磁や白磁を指向した御深井(おふけ)を中心とする大衆向けの日常食器類である。しかし,元禄年間(1688‐1704),生産の上昇に危機を感じた瀬戸の上訴によって窯株規制を受け,24窯という厳しい統制が行われた。…

※「御深井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御深井の関連キーワード元屋敷陶器窯跡名古屋城跡御深井焼名古屋城加藤春岱清洲城不開門美濃焼陳元贇黄瀬戸御庭焼春岱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android