コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御用始め ゴヨウハジメ

デジタル大辞泉の解説

ごよう‐はじめ【御用始め】

各官公庁で、その年の執務を始めること。また、その日。ふつうは1月4日 新年》御用納め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごようはじめ【御用始め】

官庁で、年末年始の休暇が明けて、仕事を始めること。普通、一月四日。 ⇔ 御用納め [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御用始めの言及

【仕事始め】より

…鍛冶屋は農具の模型を作って金屋子神に供え,大工は道具の手入れをしたり墨差しを作るなど,諸職人もそれぞれの仕事始めを行っている。その他,書初め,謡いぞめや官庁,会社の御用始め,消防の出初式などもある。このように年頭最初の労働を予祝的に行い,新たな気持でよい年を過ごしたいとする心意は,日本人の生活の中に広く行きわたっている。…

※「御用始め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御用始めの関連キーワード仕事始め政治始め官庁休暇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android