御蔵入(読み)おくらいり

精選版 日本国語大辞典の解説

おくら‐いり【御蔵入】

〘名〙
① 戦国・江戸時代、将軍(幕府)、大名(私藩)の直領(じきりょう)で、年貢、諸役を直接収取する領地。家臣に分与する領地を給知(きゅうち)というのに対して蔵入地といい、その収納米を御蔵米といった。領主の生活費や諸役人の給料はこの蔵米から支出された。御蔵入地。
② 上演予定の歌舞伎狂言、または映画などが上演取り止めになること。転じて、計画が実行に移されなくなること。
※壺中庵異聞(1974)〈富岡多恵子〉七「或る出版元に渡してあったのが、ずっとオクラ入りしていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御蔵入の言及

【蔵入地】より

…御料所,御蔵入,台所入ともいい,戦国大名や江戸幕府の直轄領をいう。戦国大名領には,大名が家臣である給人(きゆうにん)に与える知行地のほかに,直轄領の蔵入地があり,大名の主要財源となっていた。…

※「御蔵入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android