コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵入地 くらいりち

4件 の用語解説(蔵入地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵入地
くらいりち

御料所,御蔵入,台所入ともいう。室町,戦国,江戸時代の領主の直轄領で,その年貢を領主の蔵に納入する土地。時代によって呼び方が違った。たとえば豊臣氏は太閤蔵入地江戸幕府天領と呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蔵入地【くらいりち】

御料所(ごりょうしょ),御蔵入,台所入とも。戦国〜江戸時代の領主の直轄領。江戸幕府の蔵入地は天領という。江戸中期の幕府領は約700万石,うち400万石余が蔵入地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くらいりち【蔵入地】

御料所,御蔵入,台所入ともいい,戦国大名や江戸幕府の直轄領をいう。戦国大名領には,大名が家臣である給人(きゆうにん)に与える知行地のほかに,直轄領の蔵入地があり,大名の主要財源となっていた。直轄領には代官をおき,年貢の収納や諸役の徴収をさせていた。個々の大名によって直轄領の規模は異なるが,直轄領を増加させるために他国への侵略を繰り返し,占領地はまず直轄化し,その後に新しい給人に知行地として配分していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵入地
くらいりち

室町末期以降の領主の直轄領。御蔵入(おくらいり)、台所入、天領などともいう。戦国大名、豊臣(とよとみ)氏や徳川幕府および各藩主は、その所領のうち若干を配下の家臣に給付して給地、給領とするほか、要地を直轄領として支配し、年貢公事(くじ)を直接収取して一家の経済にあてた。その収入は年貢米、金銀、木材、特産品など雑多で、いずれも領主の蔵に納入されることから、この称が生じた。豊臣氏の蔵入地は200万石前後と考えられ、各地の鉱山も含まれていた。徳川幕府は開幕以来、天領の増加を図り、その額は元禄(げんろく)年間(1688~1704)に400万石、1732年(享保17)に451万石に達した。幕府は各地の天領に奉行(ぶぎょう)または郡代、代官を置いて支配させた。[宮川 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蔵入地の言及

【太閤蔵入地】より

…その全貌は〈慶長三年蔵納目録〉によって概観できる。この統計によれば,山城以下35ヵ国に設置された蔵入地と諸国金銀山の運上および諸役運上金銀と地子から構成されていたが,蔵入地の総額は20万7519石余で,この蔵入高は江戸幕府初政のそれにほぼ見合うものといわれる。次に鉱山の運上は金3397枚余,銀7万9415枚余,諸役運上は金1002枚,銀1万3950枚という膨大なものであった。…

【天領】より

…江戸時代には御料所もしくは御領と呼んだ。1603年(慶長8)に開かれた江戸幕府は,徳川氏の蔵入地(くらいりち)を引き継いで直轄領を形成し,慶長(1596‐1615)末年には200万石程度であったが,諸大名の改易・転封を通じて拡大し,元禄(1688‐1704)末年には400万石を超えた。その後1744年(延享1)に461万石に達して江戸時代のピークを記録したが,やがて漸減に向かい1838年(天保9)には419万石であった。…

【村中入会】より


[村中入会の成立過程]
 戦国末~近世初頭の林野利用の状況から村中入会への移行は,林野に対する近世領主権の確立過程で進行する。その過程で領主の打ち出した方策の第1は,地方知行(じかたちぎよう)者の林野に対する知行権を否定し,林野を蔵入地(くらいりち)化する方向をとる。地方知行を与えられていた家臣は,耕地とともに林野を耕地の一部として私的に支配した。…

※「蔵入地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蔵入地の関連キーワード御料御料所御蔵入り国大名蔵入り蔵入り地みっともい・い会津南山御蔵入領御蔵入台所入

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone