微小体(読み)びしょうたい

大辞林 第三版の解説

びしょうたい【微小体】

真核生物の細胞小器官の一。一重膜に包まれた直径0.3~1.5マイクロメートルの小体。カタラーゼと多数の酸化酵素を含む。物質の酸化と、それによって生じた過酸化水素の分解とに関与。マイクロボディー。ペルオキシソーム。 → グリオキシソーム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android