微小体(読み)びしょうたい

大辞林 第三版の解説

びしょうたい【微小体】

真核生物の細胞小器官の一。一重膜に包まれた直径0.3~1.5マイクロメートルの小体。カタラーゼと多数の酸化酵素を含む。物質の酸化と、それによって生じた過酸化水素の分解とに関与。マイクロボディー。ペルオキシソーム。 → グリオキシソーム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android