微小体(読み)びしょうたい

大辞林 第三版の解説

びしょうたい【微小体】

真核生物の細胞小器官の一。一重膜に包まれた直径0.3~1.5マイクロメートルの小体。カタラーゼと多数の酸化酵素を含む。物質の酸化と、それによって生じた過酸化水素の分解とに関与。マイクロボディー。ペルオキシソーム。 → グリオキシソーム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android