コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応天府 おうてんふ

世界大百科事典内の応天府の言及

【南京】より

…これらが明・清の産業発達の基盤をなしていく。
[南京の成立]
 元末の反乱の中より江南を掌握した朱元璋(洪武帝)は,全国統一へ向けての拠点として集慶路を応天府と改めた。1368年(洪武1)全国を統一して明を建てたとき,暫定的に応天府を京師(天子の都)とし,より北方に国都を設けるべく当初は開封を北京(ほくけい)とし,応天を南京(なんけい)と呼んだ。…

※「応天府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応天府の関連キーワード高宗(中国、南宋)江蘇(省)明代美術朱元璋瞿式耜祝允明王世貞高宗

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android