コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応札 オウサツ

大辞林 第三版の解説

おうさつ【応札】

( 名 ) スル
競争入札に応募すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の応札の言及

【商品市場】より


[取引方法]
 干しするめ,荒茶,干しのりなどの入札会での入札は大量取引方法の一つで,産地問屋などが主催者となり一定の日,一定の場所に多数の業者が集まり札(ふだ)に値段などを書き入れて意思を表示し,主催者に最も有利な値を提示した業者が商品を入手する方式である。入札に参加して希望値を投票することを応札といい,主催者にとって最も有利な条件で応札し,契約を結ぶことを落札という。せり売は,売手1人に2人以上の買手がせり合い,最も高い値段を付けた買手に売る方法で,木材市や卸売市場などで行われている。…

※「応札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

応札の関連キーワード国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)予定価格の事後公表と事前公表パン・アメリカン航空[会社]県立体育館の改修問題国債市場特別参加者ジェイ・エー・エー羽田空港再拡張キルクーク油田ルメイラ油田自己競落会社松坂大輔受注調整競争入札入札不調一者応札格付け札割れTAF

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応札の関連情報