コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応現身 おうげんしん

世界大百科事典内の応現身の言及

【観音】より

…聖観音像は,密教と顕教とを問わずほとんどの経典に説かれているが,その像容は,密教経典に説かれ両界曼荼羅の中に描かれるものと,顕教の経典に説かれるものとに分けられる。顕教的な観音像は《観無量寿経》《無量寿経》などに説かれ,極楽浄土にあって阿弥陀如来の脇侍として表されるものと,《法華経》《大仏頂首楞厳(りようごん)経》などに説かれる,一切衆生を救うためさまざまな状況に応じてさまざまな姿に変じて出現するもの(応現身)とがある。《法華経》観世音菩薩普門品には33の応現身を説く。…

※「応現身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応現身の関連キーワード平家納経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android