コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性播種性脳脊髄炎 きゅうせいはしゅせいのうせきずいえん

世界大百科事典内の急性播種性脳脊髄炎の言及

【脱髄疾患】より

…いずれも幼小児の遺伝性疾患で,痙性四肢麻痺,痙攣(けいれん),痴呆または精神遅滞などが臨床像の中核をなしているが,末梢神経の髄鞘も同様に失われるため,末梢神経伝導速度の低下がしばしば認められる。(2)自己免疫によるものとしては,急性播種性脳脊髄炎,ないし感染後脳脊髄炎またはワクチン接種後脳脊髄炎がある。これは髄鞘の塩基性タンパク質に対して自己感作されたリンパ球により主として小静脈周囲部の髄鞘が破壊されることによって生じ,動物実験で同様の病態をつくることができる。…

※「急性播種性脳脊髄炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone