コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵士奇 けいしき

世界大百科事典内の恵士奇の言及

【恵棟】より

…江蘇省呉県(蘇州市)の人。祖父の恵周惕(けいしゆうてき),父の恵士奇(1671‐1741)はともに清代漢学の興隆につとめ,恵棟をあわせて三恵と称せられる。恵棟は経学,史学,諸子学などすべてに通じていたが,特に経学に長じ,《九経古義》20巻を著し,易学では漢代象数易の原理を明らかにした《易漢学》8巻や《周易述》23巻,閻若璩(えんじやくきよ)の尚書偽作説を詳しくした《古文尚書考》2巻がある。…

※「恵士奇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恵士奇の関連キーワード恵棟呉派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android