情張りは棒の下(読み)ジョウハリハボウノシタ

デジタル大辞泉の解説

情張(じょうは)りは棒の下

強情を張るは人にで打たれるような目にあいやすいということで、素直にするほうが得であるというたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうはりはぼうのした【情張りは棒の下】

意地を張る者は人にいれられず、棒で打たれるような目にあうということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android