コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惑星現象 わくせいげんしょう

大辞林 第三版の解説

わくせいげんしょう【惑星現象】

地球から見た惑星の動きや太陽に対する位置についての現象。順行・逆行、内合・衝など。内惑星と外惑星で現象が異なる。 → 視運動最大離角

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の惑星現象の言及

【惑星】より

…76年周期で太陽に接近するハリーすい星にはこのほかソ連が2機(ベガ1,2),ESAが1機(ジオット),日本が2機(MS‐T5,PLANET‐A)の探査機を送った。パイオニア計画バイキング計画ボエジャーマリナー計画【上杉 邦憲】
【惑星現象】
 地球上から観望した諸惑星の天球上の位置,動きに関連する現象を惑星現象という。軌道が地球軌道の内側の水星,金星と,外側の火星,木星,土星,天王星,海王星,冥王星とでは惑星現象が異なるので,前者を内惑星,後者を外惑星といって区別する。…

※「惑星現象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

惑星現象の関連キーワードプトレマイオス国立天文台天文符号最大離角内惑星

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android