コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意休 いきゅう

世界大百科事典内の意休の言及

【助六由縁江戸桜】より

…源家の重宝友切丸をさがすため相手に刀を抜かせるのが目的である。助六の馴染みの傾城揚巻に横恋慕する意休は,助六の悪態にあっても刀を抜かない。子分のかんぺら門兵衛や朝顔仙平に手向かわせるが,歯が立たない。…

※「意休」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

意休の関連キーワード坂東 三津五郎(8代目)坂東 彦三郎(6代目)市川 団蔵(8代目)沢村宗十郎(2世)坂東彦三郎(6代)助六由縁江戸桜深見十左衛門坂東彦三郎吉田流助六

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意休の関連情報