コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚者の聖戦

1件 の用語解説(愚者の聖戦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

愚者の聖戦

米国の作家クリフォード・D・シマックのSF短編集(1960)。原題《The Worlds of Clifford Simak》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愚者の聖戦の関連キーワード大きな前庭小鬼の居留地再生の時人狼原理大宇宙の守護者中継ステーション超越の儀式法王計画マストドニア妖魔の潜む沼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone