コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛智 えち

世界大百科事典内の愛智の言及

【越智】より

…生没年不詳。世阿弥の《申楽(さるがく)談儀》などから,室町初期に滋賀県愛智郡にいた作家と想定されるので,愛智とも書かれる。近世の能楽伝書類では,〈十作〉の一人にかぞえ,南北朝時代には,現在の大阪府貝塚市あたりの人のように伝えている。…

※「愛智」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

愛智の関連キーワードキレエフスキー兄弟愛智荘(依智荘)オドーエフスキーオドエフスキー依知秦安麻呂愛知川[町]尾張国分寺跡朴市秦田来津藤野喜兵衛依知秦千門依知秦福行若湯坐縄吉依知秦永吉依知秦安雄依知秦吉直湖東[町]依知秦秋男依知秦長吉依知秦貞宗依知秦浄男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛智の関連情報